体重計を持っている女性
  • ホーム
  • 低糖質食品を使ったダイエット方法で肥満解消

低糖質食品を使ったダイエット方法で肥満解消

食べなければ痩せられるというほど、ダイエット方法は単純ではありません。
一度太ってしまうと肥満解消が難しいのは、脂肪がつきやすい体になっているからです。

脂肪がつくのは、でんぷんを食べて小腸でブドウ糖に変わり、そこで肝臓からインスリンが分泌されることが原因です。
インスリンは筋肉にあるグリコーゲンを貯蔵庫にしてブドウ糖を一時的に蓄えますが、糖質の多い食品ばかり食べているとブドウ糖が多くなりすぎて、グリコーゲンにおさまりきらなくなります。

すると、インスリンは今度は脂肪細胞を貯蔵庫にしてブドウ糖を蓄え始めます。
すると脂肪細胞がどんどん膨らんでいき、太ってしまいます。

これを踏まえると、肥満解消のためにはインスリンが分泌されにくい食品を摂取すれば良いということになります。
いわゆる低糖質ダイエット方法です。

糖質が多いのは、甘いお菓子などだけではありません。
普段食事として食べているご飯、パン、麺類も立派な糖質です。
でんぷんは口に入れた時は甘みを感じませんが、唾液によって麦芽糖、小腸のマルターゼによってブドウ糖によって変換され、甘いお菓子以上の糖質源になります。

肥満解消のためには、糖質を少なくすることが重要です。
低糖質食品には、肉、魚、葉物野菜、卵、大豆、などがあります。
メイン食材としては、野菜を多く摂取すると良いでしょう。

このダイエット方法ではご飯、パン、麺類を減らすことが求められるので、ご飯ものが大好きな人には辛いかもしれません。
しかし、主食の代用品として豆腐入りご飯、油揚げを使ったピザ、おからを使ったポテトサラダ、しらたきを使ったパスタ、などを作れば比較的楽にダイエット出来ます。

代用品を活用して、低糖質ダイエットを成功させましょう。